護さんが退院しました!

peace sign

皆様、いろいろご心配を戴き有り難うございました!
昨日、護さんは退院する事ができました o(^-^)o
前回はICUに入ってしまったり肺炎を起したりと快復に
時間がかかりましたが、今回は入院前とあまり変わりない様子~
しかし本人は病人モードになってます (^o^;

上のお写真はお見舞いの包装紙に付いていたリボンを
頭の上に載せておどけているところです
調度、様子を診にいらした先生もびっくりしてましたよ

my neck hurts

食事中で~~~す
この食事を見て量が多いと文句を言うので担当の看護師さんが提案をしてくれました

ひまわり食というのがあって、全部柔らかく調理されているそうです
でもちゃんと形があるのです

つまり普通は柔らかい食事は刻んであったり、形が無いので
食欲をそそらないので高齢者には不評らしいです・・・・

それでひまわり食と量を減らしていただいて我儘な護さんに
少しでも食べてもらうようにしてくださいました

個室でお手洗いがあるのですが最初の頃は場所判らなくなるのです
それで張り紙をしてくださったりと工夫をして頂きました
お薬を飲む時も「中村さん、お昼のお薬飲んでいただいてよろしいですか?」と
声をかけます 高齢者さんにはそう声をかけているようですよ~~~

護さんは今回は妄想が出る事もなく快適な2週間を過ごす事ができました
看護師さんや看護助手さんにも可愛がって頂き感謝です~

put away

上の写真の左上にある「お父さんへ」という紙、見えますか?
これは入院やショートスティの時に必ず持参するものです
護さんは何故、ここにいるのか忘れるので理由と励ましの言葉を書いてあるのです
そうすると職員さんも護さんをなだめるのに役立つからです
後は護さんの日常を書いた注意点なども御渡しして護さんの行動に対応してもらってます
これは皆さんにとても重宝がられて助かりますと言われます

やはり家族が1番、判っている事ですからお願いする以上は
その手助けをと思って始めた事です

皆さんにもお薦めします (*^_^*)
今日は二葉百合子さんのコンサートに行ったときの事を書こうと思いましたが
長くなったので次回にします o( _ _ )oアタフタ~

皆様、いつも励ましのコメントを有り難うございます
本日は護さん退院のご報告でした (*^.^*)エヘッ

人の生き方は様々ですね

IMG_1264.jpg

懐かしい山形旅行! 立石寺から写した街並みです~
一緒に旅行したスーちゃんが8月31日に山形よりも、もっと遠くに
もう会えないところに一人で行ってしまいました・・・・

お正月には「おばちゃんになりました」と嬉しそうに年賀状を
送ってくれたのに、お互いに家族のことで忙しく会う暇も無く
家族以外の人には黙って逝ってしまいました

こんなに悲しい事はありません!
歳を取っておばあちゃんになって一緒にまた旅行をしようねと約束してたのに!
もっとスーちゃんと話しておけば良かった!
どんなにピットママがスーちゃんが大好きだったか伝えたかった!

スーちゃんの娘さんとピットママの息子が同級生で家も近所だったので
仲良くなりました
とても明るく、家族思い、そして良く働き、家族の中心でした
残ったご主人や息子さんは大丈夫かな?
娘さんは大丈夫かな?きっと娘さんのことだから最後まで一生懸命
スーちゃんに尽くしたと思います

ピットママは、あまりに悲しくてお線香をあげに行く事ができません
パソコンのデスクに山形旅行で3人が笑っている写真を飾ってます
スーちゃんはピットママの心の中に生きています

今日は護さんの話を書こうと思いましたが、スーちゃんのことを
書いておく事にしました!
人にはいろいろな生き方があります
この写真のように山あり、谷あり、人が居て、青空があります
スーちゃんは60歳の誕生日を前に病気になっちゃいました
その60年間の人生、本当に家族のために一生懸命な人でした~
とても凝縮された60年だったと思います
ピットママなどはとても及ばないほど、駆け足で家族のために生きました

スーちゃん、寂しいよ・・・・

手術が終わりました o(^-^)o

使用前

まだまだ暑さが続いていますが、皆様お元気ですか~~~~~o(^-^)o
9月14日(火曜日)午前10時より護さんのペースメーカー交換手術が始まりました
上の写真は、これから手術室に向かう前に写した写真です
手術をするという事を、すぐ忘れるので「手術?」と相変わらずトンチンカンです

担当の先生のお話ではやはり部分麻酔で行いたいとのことでした
若し途中で何かあった場合のみ全身麻酔にしますとのことです
極力、身体に負担のないようにとの配慮のようです

ピットママの友だちが手術の間中、一緒に居てくれました
この友だちは護さんもよく知っているので「遠いところ有り難う」とか言って
元気に手術室に入っていきました~
ピットママと友だちは、調度そのドアが見えるパラソルのテーブルに
腰掛けて待つ事になりました~~~
2時間~3時間かかるだろうと予想しておりましが4時間半かかりました

護さんの血管は弱くて、なかなか使用できるのがみつからなかったのです
それで唯一、大丈夫なのがあってリード線を入れましたが・・・
なんと! 心臓が脈打つたびにしゃっくりを引き起こすとのことでした
それで先生も新しい機械を断念せざるを得なくなり新しい電池交換のみに
なってしまったとのお話でした o( _ _ )oアタフタ~

本当に先生、スタッフの皆様、お疲れ様でした
しかし!この長い手術時間に護さんが部分麻酔で耐えた方が
驚異的なことです ~o(*^◇^*)o~ キャキャキャ
なんせ、我慢せずに86年生きて来たからなんです (^o^;

この病棟には昨年も1ヵ月半もお世話になっており看護師さんとも
顔見知り?看護師さんは護さんを覚えていてくださっておりましたが
護さんはお一人しか覚えていません
でも、すぐに溶け込んでおりましたよ~~~

手術が終わってもベッド上の生活をしなくてはなりません
でも病室の外が騒がしいと急に毛布をめくり、今にも煩いと怒鳴り込みそうな気配!
話して聞かせても理解できない護さんは、この状態を何度も繰り返します
これでは看護師さんも大変なので午後7時半まで傍で見張ってました
高齢者で認知症があると家族が着いていなければ駄目なんですよね (~_~;)

でも今日の午後からは多分、室内を歩き回っても良い事になると
思われますので、ピットママも少しは安心・楽が出来そうですo(^-^)o

術後病室のベッドに寝ると護さんの寝姿が変なんです (^_^メ)
あれ~~~どうしたのかな
「お父さん!顎をもっと引けないの?!」と言いますと
「これ以上できない」と言います
まるで亀の頭のように首に皺ができて「なんか! 変!」
手術の前はそうでもなかったのに・・・・・

下の写真が使用後?術後です
使用後

4時間半も手術台に寝ていたので、そうなったのかな~~~と
謎は深まるばかりです
とにかく可笑しくてゲラゲラ笑ってしまいました Oh, I'm sorry!

今日も看護師さんにご迷惑をお掛けしていませんかと聞きますと
大丈夫でしたよと言っては下さっていますが・・・本当はどうかな?

そんな訳で護さんの手術は一応は無事に終了いたしましたので
皆様にご報告致します ご心配を戴きアリガト♪(*^・^)ノ ⌒☆ (*^o^*) 

護さん通信 (^_^メ)

護

どうしてこんなに暑いんでしょうか~ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ~
しかし、どうして護さんは涼しそうなんでしょうか??????

今日は1日(水曜日)の出来事を書きたいと思います!
水曜日と言えば護さんのディサービスの日です~~~
朝、護さんをいつもの待ち合わせ場所まで車で送り届けて
家に戻り、部屋の片づけやらお洗濯やらを済ませパソコンを
開いてJOVI友さんやyumさんにメールの返信をしようとしていると
♪ある~~~日、森の中~~~熊さんに~~~♪と電話が鳴りました
うちの呼び出し音は森の熊さんのメロディーになっているのです o(^-^)o

電話は護さんのディサービスの看護師さんからでした 午前11時ちょい過ぎです
「護さんが体操の最中に具合が悪いと言われて酸素濃度も低く、チアノーゼの
症状もあるので、ベッドにて休んでいただいているのです~血圧も酸素も
問題ない程度に快復しましたが迎えに来て頂けますか?」とのお話です
それで車で大至急、護さんを迎えに行きますと護さんはベッドに横になっております
「お父さん、大丈夫? 起きられる?」と聞きますと「大丈夫」
しかし、ちょっとふらつきますので車椅子で車まで移動しました(^_^メ)

護さんの通っている病院が幸いにも近いので、そのまま予約無しで直行し
無理にお願いして、いつもとは違う先生ですが診ていただける事になりました
しかし、予約なしですので待たなくてはなりません
護さんには車椅子に乗ってもらいました 
しかし待つのが嫌いな護さん「お腹が空いた~クリームパンが食べたい」と要求!
それで売店でクリームパンとクリームワッフルにお茶を買ってダッシュで戻りました

恐らく護さんはクリームパンを美味しくないと言うに違いないのです
護、一口クリームパンを食べる「美味しくない!」 や・や・やっぱり (~_~;)
クリームワッフルを出してあげると文句を言わずに食べ始めました
そしてお茶の蓋を開けてと要求します!
そこへ心臓内科の元婦長さんが通りがかり「あら護さん!お元気ですか!」と
声をかけてくださいますと「もの凄く元気です」と答えます
・・・・ゞ(_△_ )ゞ ヒクッヒクッ
そこで事の次第をお話しするとニコリと笑って「大丈夫そうですね」と去っていくのでした~
ディサービスであったことはすっかり忘れているようです!

診察があり、採血・心電図・レントゲンの検査の指示があり護さんを
連れて検査ツアーに出発 (*^_^*)
心電図の部屋は護さんのお気に入りです
入った途端に「バンザ~~~イ」と叫びます 皆さん、ビックリです
ここには、いつも活け花があるのです~それが護さんには嬉しいのです~
それを皆さんに説明・・・o( _ _ )oアタフタ~
そして出てくると「可愛い子が3人もおる」向えの席にももう一人検査技師さんの卵が~
「お父さん、3人じゃなくて4人だよ~ほら、こちらにもお一人!」
護「あら、ホントだ可愛い子が4人だ」と・・・

心臓内科の待合室に戻りますと、結果が出て呼ばれるには1時間以上も
待たなくてはなりません ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ~
護「 眠たいから家に帰って寝る」と言い出します(^_^メ)
仕方がないので、「このベンチで寝る?」と聞くと「ここはガタガタだから嫌だ」
「あっちが善い」 ピットママが「あっちは他の科の椅子だし遠いでしょう」と
言っても全然、意に介しませんので諦めて車椅子で移動し連れて行くと・・・
護「枕が無い!」 あの~~~当たり前なんですけど・・・・
しかし!ピットママはMASAKOさんに頂いたクッションという強い味方があったのです♪

ふん! どうだ参ったか!と心の中で呟き、まったくなんて出来た娘でしょう~
~o(*^◇^*)o~ キャキャキャ  これも皆さんのお蔭ですが・・・・・

結局、護さんは特段の問題はなく13日の入院まで様子見ということになりました!
(ー△ー;)エッ、マジ?!!!
帰宅したのは午後3時半前でした~~~あ~疲れたよ~~~

今回も超長い文章で、ごめんなさい! お終いです (*^.^*)エヘッ

Template Designed by DW99