Oops! やっちまった!

IMG_6497.jpg

皆様 お元気でお過ごしでしょうか?

春で体調を崩している方もいらっしゃるかもしれませんね〜
どうぞ、お身体をお大事になさってくださいね o(^ - ^)o

え〜っと o(^ - ^)o

初めてご覧になる方もいらっしゃると思います
上の写真は割れたボウリングのボウルです
ピットママも初めて見ました (*^ . ^*)エヘッ

日曜日に主人が朝、ボウリングに行きましたんですけど
帰宅しても何もボウリングの話はしません
いつもそうなんです〜
こちらから「どうだった?」と聞かないと何も言いません
本当に、口が重いんですね〜o( _ _ )oアタフタ~

この日は夜は近くの「カウボーイ・ファミリー」と言う
ステーキとかハンバーグにサラダバーなどがあるお店に
主人の申し出で朝から行く予定を組んでおりました
質より量が優先される主人です ( ̄.  ̄;)

夕方になり、お店に行きまして〜ステーキ(英語ではステーク)を
待つ間にサラダバーから野菜やフルーツ・スープ(コーンと玉ねぎ)
カレーにミートスパゲッティを食べながらボウリングの話をしてみると・・・

「いや〜ボウリングのボウルを割っちゃったんだわ」と主人が切り出しました
「えっ?! ボウリングのボウルって割れるの? だって硬いレーンに投げるでしょう」

すると、「あれはプラスティック製のボールだったから割れたんだ」
「どこで割れたの?」と聞いてみるとロッカーの上についうっかり置いたら
転がって床に落ちたんだそうです (>ー<)あちゃ〜!!

ロッカー室は床がコンクリートだから割れたらしいですよ
それで主人は他にもボウルをたくさん持っているのです
それはウレタンでできているので簡単には割れないと言ってました

それにしても、足に落ちなくて良かったわ〜〜〜〜

てな訳で、今日の英語では、この話を書いて行ったんです
すると!!!!!!!
お話の最後に庭に飾ったら良いと思いませんかと書いたら
先生がすぐにiPhoneで「broken bowling ball」と検索すると〜

ボウリングアートのリンクページ

上のようなサイトがヒットしました キャッホ-..\(@^o^)/..

申し訳ありませんがクリックしてご覧になってください o( _ _ )oアタフタ~
面白いではありませんか?!
アートですね〜〜〜芸術が爆発してますね〜〜〜〜♪

それで、「ピットママがどんなアートにするか楽しみだ!」と
先生がおっしゃいます〜〜〜 (^o ^;

先生は中の白い部分を彫って花を植えたらとか言って
それは Good idea とかピットママも言って盛りあがり
「あ〜でも、ドリルが無いんです〜」と言うとHomac大好きな
先生は「Homacで買えば手頃なのがあるよ」とまたまたiPhoneで
画像を見せてきます o( _ _ )oアタフタ~

お〜〜〜しっ! I will 頑張ってみます!
すでにプランは決まっております!(大体、想像が付くと思いますが)

前にも壊れたテラコッタ(素焼きの鉢)のアートのサイトも
先生に見せて貰っていたので、それも衝撃的でした

紹介サイトがありますので、クリックしてご覧ください

http://virates.com/cute-2/4445904

ほら〜楽しいでしょう
壊れたものをどう生かすかですね〜〜〜〜
今年の目標にもあげている別な角度からの思考は
まさにこれだ!

では、皆様 o(^ - ^)o

Have a nice holiday!

BBS ← へは、ここをクリックしてくださいね♪

追記 勝手に画像を利用できないのでリンクの貼り付けに
   変更いたしました ごめんなさい

どんな時に怒りますか?

IMG_6479.jpg

皆様 こんにちは

現在は3月11日です

あの東北の大地震から4年目を迎えたことになります
まだまだお住まいの皆様たちには安心できる環境になって
いないことをとても悲しいと思います

悲しいというよりも、この復興の状況はなぜ遅いのか
という怒りにも通じる感情があります

先日の英語の時に、先生がピットママに質問を〜
「日本ではどんな場合に怒りますか?」

そう言われて、ふと考えると日本人は争いを
好まないから、滅多に怒るってことはないかな〜
でも、復興がもれなく行き渡っていないのには
怒りを感じます ( ̄.  ̄;)

そんなことを書いているピットママ自身も
ほとんど何もしていない状況ですが・・・

4年で元に戻る?
元に近づくのは簡単ではないほどの問題が山積みですね

でも、テレビなどの情報からは、これを機に
新たな試みなどに挑む若い世代のかた達や
悲しみの中に毎日を生活しているそれ以上の世代の方達
それぞれの表情や話を見ることができました
まだまだ知らないことがたくさんあるのも知りました

国の迅速な対応が、まだ足りていないことを感じます
プライオリティーのランクを上げて欲しいなと思います

家のピース・リリーも蕾をつけ始めました(別の鉢は咲いています)

皆さんの心にピースフルな時が訪れますように!

BBS ←こちらをクリックしてくださいね

American Sniper

american snipe1

皆様 こんにちは o(^ - ^)o

久しぶりに映画を観たいと言い出した主人
クリント・イーストウッド監督の実話を元にした

「アメリカン・スナイパー」  ←クリックするとご覧になれます

オフィシャル サイトから画像をお借りしています

なんせ、主人はアメリカが大好き
海兵隊が好きなんですね〜〜〜〜

I don’t know why he so like it.
なんで、そんなに好きなのか解りません

映画が公開されてから1週間経っているし
午前9時15分からの朝一番の回をチョイス

空いているだろうと、思ったら以外と混んでいましたよ〜
では、ざっとだけ書いておきましょう

クリストファー・スコット・カイル さんという
アメリカの実在したスナイパーのお話です

クリス・カイルはイラク戦争で伝説のスナイパー
として活躍し、イラク武装勢力からは悪魔と恐れられ
賞金までかけられるほどの人だったそうです

スナイパー、その仕事はじっと待機し敵を
狙撃することにより味方の安全を確保する事にありました

4度に渡る従軍での彼の苦悩、それはもっと自分が
狙撃をする事によって救えた命があったのではないか
という責任感とも思えるものでした

通常では考えられない距離であった1,9キロ先の
標的を狙撃したのも、その責任感がなせる技ではなかったかと思います
狙撃は使用する銃にもよるそうですが、一般的には400メートル前後で
1キロでもかなりの腕と言われているようです

そして妻の希望もあり、2009年に除隊
除隊後の人生を戦争によりPTSDに苦しむ兵士の助け
となるように活動をしていました

そんなある日、PTSDの元兵士によって撃たれ
38歳の若さで妻と二人の子供を残し亡くなってしまいました
(犯人は今年終身刑になりました)

衝撃のラストを宣伝では言われていましたのは、おそらく彼の死の
原因を指していたのではと思いますが、主人もピットママも
この映画の最後、カイルの棺が墓地へと運ばれる沿道の実際の映像に
心打たれました

きっと、主人は、こういうアメリカが好きなのかなと思いました 
So do I. ピットママもそうです

アメリカ人にとって戦争とは?

戦争で起きていた事を知ることができ
今の日本人にはとうてい、この責任は果たせないだろう
という事を痛感するほど、過酷な戦争を想像することができました
(Furyの時も感じた事です)

後ろの席の若いカップルが「いい映画だったね」と
二人で話しているのが聞こえてきました

アニーも先月観ました
これも、快い映画でしたよ (*^ . ^*)エヘッ

では、今週もお元気でお過ごしくださいませ o(^ - ^)o

あっ!

ジョン社長! お誕生日おめでとう!
o(^▽^)o キャハハハ


BBS ← こちらをクリックしてくださいね♪

Template Designed by DW99