FC2ブログ

熊野古道・熊野那智大社は雨だったよ〜

IMG_1783 (1)


皆さま

8月最後の週になりました
お元気ですか ✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

では、旅の続きです

夕食後は夜の露天風呂に〜〜〜
台風10号が上陸する4日前だと言うのに
凄い風でした〜湯船のそばのソテツの葉が大揺れです

本日、午前中はトップのマップの行程、熊野那智大社と那智の瀧を目指します
しかも10時10分までに特急バス・紀伊勝浦駅発・熊野本宮大社行き
に乗らなくてはなりません

なので、タクシーのお迎えを7時にお願いしております
6時半からの朝食バイキングを早々に済ませロビーに!

かなり年配の運転手さんはドアの前に立ってお出迎えしてくれています
「おはようございます〜大門坂入り口までお願いします」

あっという間に大門坂に到着です
すると運転手さんは道を間違えないようにアドバイスをしてくれます

IMG_1788.jpg

大門坂から大門跡まで昔ながらの石畳を256段登ります
登り始めて程なく樹齢800年夫婦杉が両サイドにあります

その大きさ、神々しさに三人で圧倒されました

IMG_1795.jpg

辺りを見回しながら登っていくとたくさん大きな木があります
暖かいからでしょうか葉が大きいです〜

IMG_1798.jpg

登り始めてから、すぐに湿気が襲ってきます
札幌と違い朝から暑さが凄いです〜〜〜
足元が滑るので慎重に登っていきますので

IMG_1801.jpg

気がつくと二人は、すでにずっと遠くに行ってしましました
「お〜〜〜い 待ってえ〜〜〜」とは言わず汗だくになり
ピットママは登っていきました
骨折をしては迷惑をかけますもんね (^o ^;

IMG_1808.jpg

やっと大門跡(ここに昔大きな門があったのだそうです)に到着
運転手さんが言ってました〜更にそこから大社まで467段ありますと!
(ー△ー;)エッ、マジ 

はい、ありました 
赤いポストの左に見えるのが階段です 

IMG_1815.jpg

登り始める前に古道を登った両サイドには茶店があり
駐車場で景色を眺めていると鹿が二頭現れました
ズームで写したので画像が荒いですが分かりますか?
(マップの左側に緑色の杉の木の並木の上にあるグレーの所)

「わ〜〜〜い」と喜んでいると一天にわかにかき曇り
雨がざ〜〜〜〜っつと降ってきたよ〜〜〜

IMG_1813 (1)

休んでいる時間が無いのでカッパと傘をさして
大社への階段(参道)を登り始めます!

IMG_1820.jpg

やっと熊野那智大社の階段下の鳥居に到着
ここで三人で写真を写しているのですが画像は息子のスマホにあります

写真を撮っている間、若いお嬢さんが待ってくれました
なので息子が本殿までの階段を早く登るようにと速します
「写真を撮るのに待たせたら悪いでしょう」

兎に角、写真の構図にこだわる息子です
急いで登りましたよ〜〜〜 o( _ _ )oアタフタ~ 

IMG_1824.jpg

ハアハア・・・暑いよう〜〜〜
登りました これが熊野那智大社の画像!

あれ????大社の画像が無い!
息子のスマホにあります〜〜〜
なので、境内の那智の大楠・樹齢850年の画像で
本日は終了します  o(^▽^)o キャハハハ

それにしても大きな木にいっぱい出会えて
感動の連続な大門坂です ♪(((*^-^)八(^∇^*)))♪

IMG_1832.jpg


HAVR A NICE WEEK! (((o(*゚▽゚*)o)))

ピットママの欲張り熊野・伊勢の旅

IMG_1763.jpg

皆さま (✿╹◡╹)♡

お盆も終わりました
お元気でお過ごしでしょうか〜

日本はお天気に翻弄されてます!

兼ねてよりピットママは「伊勢に行って赤福を食べたいね」

息子は「赤福氷」を食べたいとの希望がありました

息子が帰宅のおり家族で食事中に伊勢神宮のテレビ放送があり
熊野本宮の放送もありました

そこで急に話が盛り上がり、出かけようとなったのですが
仕事のある主人と息子の日程の都合でお盆に行く事になったのでした!

8月11日から14日までの3泊4日
三ヶ月前から飛行機や宿を予約
熊野本宮大社から熊野速玉大社まで川舟くだりも予約
帰りのセントレアまで津なぎさまちよりフェリーも予約

しかし、7月の中頃、川舟センターより川の水位が
低くて8月いっぱいは中止となるとの連絡が!!!!!
(ー△ー;)エッ、マジ 残念です〜 楽しみにしていたのに〜

8月11日、台風接近が気になりながらも朝の7時に
家を出発し車で新千歳空港へ(車はパーキングに預けました)
定刻通り離陸、主人は「日本海に浮かぶ佐渡島が見える」
と大興奮しております

上の写真は長野のスキー場を写したものです (*^ . ^*)エヘッ

IMG_1765.jpg

中部国際空港・セントレアからは名鉄のミュースカイで
名古屋まで行きましたよ〜
そこからJR東海の南紀ビュー5号という特急で紀伊勝浦まで行きますが
時間があるのでお昼を名古屋駅で取りました

まだ11時40分頃ですが、息子がオススメのお店
2軒とも、めちゃ混みでした(^o ^;

近くのまだ混み始めていないお店に入りました
ピットママ、初の名古屋の味噌カツ!

脂身が苦手なので、お店の昔のお姉さん給仕係さんに
「ヒレかつの味噌カツはありますか?」と聞いたら〜

お姉さんは半ば、キレ気味?なんでこんな事、質問するの?
「????、味噌カツは味噌カツです」との解答です

・・・・; ( _△_ ) ; ヒクッヒクッ

「あ〜そ・そうですか〜、じゃ味噌カツ定食お願いします」

主人とピットママは味噌カツ定食、息子は櫃まぶし定食を
食べましたよ o(^ - ^)o

味噌カツ、味濃いですね〜
味噌カツの衣がカリカリです
脂身が少なかったので助かりました
食べきれないカツは主人のお腹の中に!

それにしても暑いです o( _ _ )oアタフタ~

やっと列車に乗って涼しくなりました
o(^▽^)o キャハハハ

紀伊勝浦の駅に午後4時半過ぎに到着!
実に約10時間かかりましたよ〜〜〜〜

駅の観光案内所で明日の予定の
熊野三山についてアドバイスを貰いました
当初は1時間くらいで熊野那智大社と滝を見ようと
思っていたのですが、2時間かかりますとの事!

ホテルへの道を聞いたら歩いて行きますか?
遠いいですよ〜2つ目の信号の左にありますよ〜

札幌の感覚で2つ目の信号だと〜次の角にあるはず
角があるけど、2つ目の信号がはるか向こうに見えます
(ー△ー;)エッ、マジ 遠いよ〜
おまけに異常に蒸し暑いです〜〜〜〜

暑い中をあるいてホテルに到着
ホテルのロビーも暑いです
きっと暑すぎて冷房が追いつかないんでしょうね!

IMG_1777.jpg

夕食は部屋食ではなくバイキング(ピットママが食べられないので)
ここのまぐろは冷凍ではなく生です
解体を目の前でして各部位をすぐに出してくれますよ〜(✿╹◡╹)♡

下の写真、熊野のソウルフード、めはり寿司です
日本のファスト・フードの元祖でもあります
高菜の葉でご飯を包んでます
中にも高菜が刻んだものが入っていますよ

IMG_1769.jpg

もう、長々と書いてしまいました
続きはまたね〜〜〜(^o ^; (^o ^; (^o ^;

HAVE A NICE DAY!

(((o(*゚▽゚*)o)))




お盆前の話題

IMG_1702.jpg

皆さま

まだまだ、暑いです〜
8月に入ったばかりですから
当たり前です o( _ _ )oアタフタ~

日曜から主人はお盆休みに入ります
そこで、家族で旅行に行くことになりました
しかし、お天気が心配です
台風が次々と生まれているからです
(ー△ー;)エッ、マジ

おしゃべりが過ぎました!

最初の写真は北海道にある鉄の街
工場夜景で有名な室蘭の白鳥大橋です

パノラマで写してあるので、ちょっとカットさせてもらい
アップしてみましたがサイズ選択がイマイチです

I’m so sorry!

IMG_1725.jpg

息子が室蘭に遊びに行きあちこち名所を
回ってきましたよ〜

ピットママが室蘭に行ったのは43年くらい前?
すっかり街も変わっていることでしょうね

数ヶ月前?去年?ブラタモリで紹介されましたね〜
お土産は室蘭と言えばカレーラーメン(暑いのでまだ食べておりません)
そして、このマドレーヌは中にチョコが入っており
甘さ控えめでしっとりして美味しいですよっ (*^ . ^*)エヘッ

IMG_1728.jpg

はい、上の写真、ピットママがドーナッツ好きとは知らずに
息子がこれも買ってきてくれました
キャッホ-..\(@^o^)/..
これはケーキドーナッツです
玄米の全粒粉で作られているそうな〜〜〜〜

お次は〜〜〜〜

IMG_1727.jpg

鉄の街ですから
鉄を作る原料となる石炭・石灰・鉄鉱石を
本物かと思うほどの出来栄えのクッキー!!!!!
上が本物の写真です 見比べてね (✿╹◡╹)♡
なんと室蘭工大の学生さんと地元のお菓子屋さんのコラボ商品
o(^▽^)o キャハハハ

箱には室蘭の鉄の歴史も印刷されており
とても勉強になりました

ユニークなお土産の数々にびっくり〜〜〜
✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

IMG_1729.jpg

では、最後のお写真となりました
「大黒島」です

初めて知った島です
室蘭観光連絡推進会議さんのページから抜粋い致します

室蘭港の入口に浮かぶ周囲約700メートル、面積2.4ヘクタールの小さな島です。
1796年、英国船プロビデンス号が来航した際に、水兵のハンス・オルソンが事故死して葬られ、そのころからオルソンの死を慎むかのように黒百合が咲き始めたという伝説があります。海事関係者の間では、オルソン島の名で知られています。

大黒島の名前の由来

1838年から7年間、この地域の場所請負人(ばしょうけおいにん)をしていた岡田半兵衛が、安全祈願のため島内に大黒天を奉ったことから「大黒島」と呼ばれるようになりました。

IMG_1705.jpg

息子が写した、この写真!
とても幻想的ですね〜〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

ボランティアとしても、色々と勉強になりましたよ〜

はい、息子の室蘭の旅をお届けいたしました
o(^▽^)o キャハハハ

HAVE A NICE BON HOLIDAY (* ^)(*^-^*)ゞ

Template Designed by DW99