2年ぶりに主人と映画に!

dream.png

皆様

お元気ですか (✿╹◡╹)♡

今日は表題にあるように主人と2年ぶりに映画を
観に行って来ましたよ〜

「DREAM 」ドリームという映画です

9月29日から封切りになりました
前にアカデミー賞のノミネートで目にはしていたのですが
その時はあまり気にもとめていませんでしたがテレビで
この映画のことを取り上げていたのを観て!

う〜〜〜ん これは面白そう!

NASAが、まだ宇宙開発の初期であるマーキューリー計画時代
三人(実際には他にもたくさんの女性)の黒人女性が
宇宙ロケット打ち上げにどれだけ貢献したかという内容です

勿論、事実に基づくお話ですよ〜
彼女たちはもう90歳を超えています
インタビューでは、とても闊達に答えている
その姿を観て、驚きました

あの当時、黒人の方達はお手洗いもcoloredと言って
分けられている時代でした

主人公である三人の彼女たちの向上心を持ってしても
仕事の実力を受け入れて公平に扱って貰えるには並大抵では
ありませんでした

しかし、ピットママが思うにNASAという頭脳明晰の
集団の中では、何が大切なのかを受け入れて貰えるチャンスが
あったのはと思います

アメリカの国会議事堂にあるドーム型の塔は
「進取と独立の精神を表している」と言われています
これは道庁などの建物にも取り入れられております

彼女たちは黒人の女性として後進のために
その才能を活かし道を開いていってくれたのが素晴らしいです

映画の内容は詳しくは書きませんのでここにオフィシャルページ
のリンクを貼りますので詳しくご覧下さい

http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/

画像はサイトからお借りしました ありがとうございます

古き良き時代の洒落た音楽と共に、彼女たちそれぞれの
生活にもふれながら物語は進みます

主人が一番泣けたシーンはキャサリンがいつも席を
空けているとボスに咎められ、ずぶ濡れの姿のまま
訳を話し、抗議するシーンだったそうです

ピットママが一番泣けたシーンはキャサリンが知り合った
軍人さんから家族の前でプロポーズされるシーンです
キャサリンは夫と死別で三人の娘さんと彼女の母親との
五人暮らしです

その家族全員の賛成が必要、大事なことは家族で
分かち合うという男性の考え、家族の大切さを痛感させる
シーンでした

ピットママも、若い頃にコンピューターがあったら
プログラマーになりたかったかもしれません

いや!
それは今からでも遅くないんです

日本の女性がプログラムを勉強してお雛様の
並べ方を遊べるアプリを作ったんです

アップルに通っていた頃にも簡単なプログラムを
勉強している年配の女性がいらっしゃいました

アップルストアーがあったらな〜〜〜〜〜
楽しそうだなぁ

( ̄.  ̄;) しかし、今はボランティアに集中します
o(^▽^)o キャハハハ

もっと、おばあちゃんになってボランティアを
引退したらトライしてみようっと!

HAVE A NICE DAY ✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

BBS ← こちらからどうぞ!

Template Designed by DW99