北海道と名付けられて

IMG_0344.jpg

皆さま (✿╹◡╹)♡

こんにちは〜〜〜

こちらは昨夜から雨です
庭のお花や野菜さんは雨が上がると
きっと、ぐ〜〜〜んと育ってくれそう!

今年は北海道と名付けられて150年目
天皇皇后両陛下もお祝いに見えるそうです

元々、日本の北限の境についてあまり
考えられていなかったのに驚きです

しかし明治になり、それではいけないと
兼ねてから考えていた人々により北海道の開拓が
始まりました

何故、いけないかと平たく言いますと
ロシアからの脅威、そして明治政府になり
仕事が無くなった武士の人々に
仕事を見つけなくてはなりませんでした

そこで開拓使という役所を蝦夷に置きました
蝦夷とはそもそも異国という意味ですから
蝦夷を日本の土地とするには正式な名前が
必要となって来ますね

江戸末期から蝦夷をアイヌの方々の助けを借りまして
松浦武四郎という三重県の探検家さんが
隈なく蝦夷を歩き地図を作ってくれました
地名はアイヌの人々から聞き取りをし地図には
カタカタで表記されております

東西蝦夷山川地理取調図という地図です
実に素晴らしい地図です
レプリカは北海道庁旧本庁舎の1階にありますよ

長くなりましたが上の某、道内のお菓子屋さんが
出しているパッケージの図柄が、それです

そして当時、地図は何故か逆さまだったそうです〜
政府から命名案を指示された武四郎さんの提案の地名は
全部で6通りありましたが、その中の北加伊道
を海に変えて「北海道」となりまして

この150年間に海外の専門家さんなどの指導を
受け北海道が現在に至りましたよっ

先日、機会がありましてアイヌ文様「アイヌシリキ」
の刺繍の講座に誘って頂きました

IMG_0506.jpg

チャコペーパーで下書きされたラインを
チェーンステッチで刺していきます
全ての模様の最後は尖らしてあり悪い物が
入ってこないようにとの願いが込められており
刺繍「イカラカラ」は襟ぐり、袖ぐり、裾まわり
などの物が入ってくる場所にするそうです

完成です o(^▽^)o キャハハハ

IMG_0508.jpg


刺繍の経験はありましたがアイヌシリキは初めて!
意味を知り、アイヌの人々の暖かい家族を思いやる心
厳しい自然で生きるための知恵なども勉強になりました

この講座はポンポン塾の主催でした
アイヌの伝統を伝えていく皆さんは素敵でした!
画像はこちらからどうぞ → (✿╹◡╹)♡

ランチ付きで午前と午後を挟んで、初めて参加の
皆さんは、とても楽しんでいたのが印象的でした

ランチもアイヌの方々が取っている食材などを
使ってのメニューで美味しく頂きましたよ

IMG_0504.jpg


コーヒーはオーガニックで(o^-‘)b グッ!

IMG_0507.jpg

ボランティアをしていなければ恐らく
知ることもなかった歴史の数々・・・
そして、こうしたアイヌシリキ・イカラカラなども
体験する機会もなかったのではと思います

新しい出会い、発見、体験ができて
とても、とても嬉しい気持ちになるピットママでした
o(^▽^)o キャハハハ

HAVE A NICE DAY!

コメント

なるほどなるほど〜
ピットさん
おはようございます〜ここは 日中は18度寒っです。

北海道の歴史 なるほどです、
普段は気がついても気にならない事もよくわかって納得です。
知らないで終わることも詳しく知ることができなんか「スッキリ」しますよね。
歴史の上に生きてる(大げさかな)って思います、先人に感謝だっぺ!

六花亭の菓子 つぶあんで食べました!つぶあん好きの私・・・
お客さんに北海道出身の人がいいて地元愛〜なんです。

それとコースターまさに絵柄は独特でいいんです。
簡単にできる でも 何か違う柄は素敵です、
一目見て分かる、これが大事だと私は思います。
どんどん学んで知識女子目指してください。
同じ一生 豊かになること間違い無いです(笑)


地震頻発
姫様 (✿╹◡╹)♡

おはようございます
連日の地震発生ですが姫様のところは大丈夫でしたか?
大きな地震が起きませんようにと祈るばかりです

アイヌの文化についての施設は海外のお客様のみならず
国内の若い方にも度々、尋ねられますよ〜
先日、先輩ボランティアさんが旅先で知り合いになった
ご婦人が北海道に来るので二風谷のアイヌ文化博物館に
連れて行って欲しいと電話がきたそうなんです

で、先輩は70歳以上の女性なので車も無いし
公共交通機関で行くにはどうしたら良いのかしらと
言うので調べたら、なんと午後3時半出発のバスしか無い!
しかも2時間以上かかるのです〜〜〜
と言うことは到着しても博物館は閉館してます!

宿泊するか車で行くしか無いんですよ〜
あいにく白老のポロトコタンは改装中で
2年位先まで見ることができません

ボランティアをしていると意外と高齢の方が
歴史に興味を持たれているのが判ります〜

ピットママも深くは勉強は出来ないまでも
姫様が書いているように、少しは歴史の上に生きる者として
知る楽しみを通し、それを生活に生かしていきたいと思います

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99